Linsanity!!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

NBAファイナル第6戦

マブス優勝おめでとう!!!!!
やったー!!

7年間マブスのファンで本当に良かったと思えるシリーズでした。

エースのダーク・ノビツキーはこれでシーズンMVPとファイナルMVPを両方取った選手になりました。
これは、現役ではコービー・ブライアントとティム・ダンカンしかいません。
もう既にダークは伝説的な選手になりつつある。そんな気がします。

ダークがリングを掲げた瞬間、配信してたのにガチ泣きしました。
そりゃ、ストーリー性がありすぎる。Mixiのコミュニティでもガチ泣きしてしまった人が何人も居たようです。

いや~よかった!

そして来シーズンはカロン・バトラーも戻ってきますから、2連覇へ必要なのはモチベーションでしょう!

Go!Mavs!!

061211_550_nowitzki_kidd.jpg
061311_550_mavs_portrait.jpg
061211_550_champagne.jpg
スポンサーサイト

| NBA・Dallas Mavericks | 14:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NBAファイナル第4戦

勝ちましたね!!我がマブス!!
エースのダーク・ノビツキーは、試合開始前、39度の高熱で試合に出てました。いやさすがにフラフラで動きスローでしたけど、最後のドライビングレイアップは神だと思った。

現在2勝2敗。第5戦もマブスのホーム!
次に勝った方が優勝へ王手。

長い長いNBAのシーズンがもうすぐ終わります。
我がマブスの優勝を信じています。

Go! Mavs!

| NBA・Dallas Mavericks | 14:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NBAファイナル第3戦

負けてしまった・・・88-86・・・
チームとして流れに乗れると言う場面でのTOが大きかったことも1つの敗因ですが、テリーとバレアがあのままだと、やはりノビツキーの負担が大きくなってしまう気がする。

最後のフェイドアウェイを外したノビツキーに責任は無い。
むしろ、ノビツキーはホントにチームを苦しくても引っ張っていった。
さらにステップアップするにはノビツキー以外の選手、テリーやバレアがオフェンスでオープンショットをしっかり決めれなければ、また負けてしまう・・・テリーとバレアのガード陣、第4戦注目です。

第4戦は明日の日本時間午前10時~です。
Livetubeで配信します。

| NBA・Dallas Mavericks | 16:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NBAファイナル第2戦

第1戦が負けてしまった・・・アウェイで必ず1勝以上しなければ勝機がない我等がダラス・マーベリックスは、2戦目、残り6分30秒くらいの時点で15点差をつけられていた。

そこから奇跡の大逆転勝利をした。

はじめて、バスケットを見ていて涙が出た。
ノビツキーの逆転スリーを見た瞬間思わず涙が・・・7年見てきたマブスなので感極まった。

バスケを知らない方でも、このハイライトは見ていただきたい。
そう思う感動があった。

| NBA・Dallas Mavericks | 20:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NBAカンファレンスファイナル

NBAの久しぶりの記事。


ずっとずっと、NBAを見始めた頃から7年間、ずっとダラス・マーベリックスのファンでしたが、5年ぶりに帰ってきました。NBAファイナルの舞台に!

「一番アップセットされる可能性が高いチーム」、「有利な状況でも逆転負けを食らうチーム」などというレッテルを貼られ続けてきました。
チームを12年間も引っ張ってきた、ドイツが生んだNBAのスーパースター、ダーク・ノビツキーは若かりし頃、ディフェンスの「D」がない「Irk」と呼ばれたり、勝負所のプレッシャーにも弱いといわれ続けてきた。それが今や、今プレイオフ、勝負どころの時間帯に逆転になるスリーポイントや連続フェイダウェイジャンパーショットなどで、チームを勝利に導いてきた。

5年前、NBAファイナルで2連勝からの4連敗。彼は昨日のことのように覚えているはず。
だからこそ、ウェスタンカンファレンスチャンピオンになったセレモニーでは多少の笑顔を見せ、トロフィーを掲げると、早々と姿を消した。
「まだ、何も終わっていない。」
きっと彼はこれからが始まりと考えているのだろう。

2006年のNBAファイナル、あの時の屈辱以来、ずっとプレイオフに苦しんできたダラス・マーベリックス。
かつてはNBAのNo.1のPGと呼ばれていたジェイソン・キッドもネッツ時代、2年連続でNBAファイナルに出場するも、2年連続でファイナル敗退。

このNBAファイナルに賭けるノビツキーとキッドの想いは強いだろう。

7年間見てきたので、やはり感情的にも移入する部分もあり、もし優勝し、ノビツキーがリングを掲げる姿を想像しただけで、感極まる。

おそらく号泣してしまう。

今プレイオフを見ていて、本当にダラス・マーベリックスのファンで良かったと思った。素晴らしいチームの一言に尽きる。

あと4勝。
それが今シーズンの最高目標を達成するのに定められた最後の試練。

GO!!MAVS!!!

ダラス・マーベリックス公式サイト(英語)

| NBA・Dallas Mavericks | 01:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。