Linsanity!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

野良をやっていて気づいたこと。

私論であるが!

なぜ敵の位置が分かってるのに食いに行かない。

そもそも、自分は、他のFPSタイトルはともかく、AVAは飛び出したほうが有利だと思う。

理由の1つに、ほとんどの武器において、HS1発では死なない上、プレイヤーの全体キルの内、HSは高く見積もっても、せいぜい30~40%程度である。

HSを恐れる気持ちは分かる。

が、しかし、上級者が本気のプレイをしても、バスケットのスリーポイントシュートの確率程度に落ち着くはずである。

確かに、これだけでは飛び出したほうが有利だという保障は無い。

もうひとつ、こちらが重要な理由。

それは、置きは常に100%のパワー(集中力)で置かなければならないのに対し、飛び出しは自分のタイミングで、しかも、そのタイミングの時にだけ100%のパワーで飛び出せば良いのだ。

置いていても、抜きに来たスナにやられる理由のひとつがコレである。

よって、守りにおける引き守りと言うものは、必ずしも強いわけではないし、勝てるセオリーと決め付けられるものでもないと自分は思う。

所詮引き守りなど、選択肢の一つに過ぎないのだ。

詰めたほうが強いのにと思える場面でも行かないプレイヤーを見ると、イライラしてしまう。

それほどAIMに自信がないのならば、殲滅にでも篭るべき。

逆を突けば、詰めて撃ち負けたとき「今のは行くべきではなかったか!」と言う言葉を聴くが、ちょっと待って頂きたい。

詰めるべきタイミングで詰めたのに撃ち負けるというのは明らかなAIM不足である。

立ち回り6割、AIM3割と言うのはあながち間違いではないと思うが、3割を占めるAIMと言うファクターを少し意識しなさすぎなプレイヤーが実に多い。

そして、敵を倒すという事柄に関しては、最終的に必要になるのは、立ち回りではなくAIMなのだ。

また、立ち回りと言うものは、野良ではまず100%学べません。

1vs1における立ち回りは野良で覚えられるが、複数であれば全く学べません。

野良は、1箇所で交戦が起きたとき、微動だにしない仲間とかいるゲームです。

FPSは戦況が動くものです。確かに動かないのは1つの選択肢ですが、弱いプレイヤーは動けないプレイヤーがAVAは多い。

失敗しても良いから、動いて1つ1つ覚えていくのが上達の近道だと思う。もちろんクラン戦で。

はっきり申し上げれば、動けないプレイヤーは、その時点で伸びしろがありませんので、勝ちたいと思って動けない方は辞めたほうが身のためです。

失敗する勇気と、その勇気から来る思い切りのある行動。

それで殻を突き破って羽ばたくことこそが、何よりの上達の方法なのです。
スポンサーサイト

| Alliance of Valiant Arms | 02:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kilminamitsuki.blog84.fc2.com/tb.php/302-fc248c14

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。